医院クリニックX線レントゲン室の寸法と放射線遮蔽内装仕上

X線レントゲン室の寸法

草加市松原団地駅近くの藤巻歯科医院様では、X線レントゲン機器は新しい機器を導入されました。部屋の広さ寸法は、レントゲン機器メーカー様の指定による寸法で計画されます。

レントゲン機器によって部屋の縦横の寸法は変わるので、出来れば早く医師先生に機器を決めていただくようにしています。決定するのが難しい場合は、選ばれる可能性がある機器の中でも一番大型のもので計画しておき、機器が決定され次第、必要な部屋の寸法に合わせて修正します。(金額的にも一番大きな部類に入るので、予算確定をするためにも早期の決定は必要と思われます)

今回のX線室の寸法は、170センチ×220センチになりました。出入口扉の幅は75センチです。(機器によってはもっと小さなスペースで済む場合もあります)

医院クリニックX線レントゲン間取りプラン工事金額坪単価

パソコンの収納

レントゲン機器のデジタル化に伴って必要なパソコンやモニター、データ保存機器は、X線室のすぐ手前に収納を設けて納めました。

収納の上部はカルテを記入する棚台にしました。

  • 手書き入力
  • パソコンキーボード入力

どちらにも便利な高さに設計させていただいています。

放射線遮蔽内装

X線放射線の遮蔽をする内装は、床壁天井の中に放射線を遮蔽する鉛板(今回は1.5ミリ厚み)を差し込んで包んであります。扉(枠、扉面)にも内臓されていて、医師先生が中の患者様を見るための窓も鉛入りのガラスがはめ込んであります。

床は塩化ビニールシート貼り、壁天井がビニールクロス貼りです。

最後に放射線遮蔽検査をして合格となりました。

space-white

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ