糖尿病内科クリニックの診察室幅奥行き寸法

糖尿病内科の診察室で、医師先生の方針で

  • 医師のデスク
  • 患者様用の診療ベッド
  • 患者様と付添いご家族の椅子

が、定められました。

医師先生のデスク

医師先生は診療する場合は、デスクの上にパソコンを置いてカルテを書きます。医師先生は 幅120センチ×奥行75センチの、デスクを使用されていました。

糖尿病内科医院診療所クリニック診察室

患者様用ベッド

医師先生が患者様と問診をした後、ベッドに患者さんが寝そべって診療をする場合はベッドに横になっていただきます。

患者様用ベッドは、60センチ×180センチで、壁面に折りたためる様になっています。

付き添い家族

最近のクリニックでは、患者様本人に付き添って来られるご家族が増えました。診察室で患者様が医師先生に診察を受けているとき、出入り口付近で座って待っていただくことが多いため、そのスペースを追加しました。

診察室の寸法

上記のモノを配置すると、結果的に診察室は、幅270センチ×奥行き260センチのスペースになりました。出入り口の引き戸は80センチの開口幅が確保できます。

内科医院クリニック間取りプラン平面図

診察室とスタッフ動線

診察室とスタッフが往来する動線とは壁を設けずに、カーテンで仕切ることにされました。診察中はカーテンを締め切りにしておきながら、上下の空間は空いているので空調環境が均一に保たれることができます。

糖尿病内科医院診療所クリニック診察室

「いのうえ内科・糖尿病クリニック」解説記事


医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ