歯科医院内装工事を行う移転先既存内装を解体して分かること

既存内装を撤去すると分かること

医師先生が移転する場所を決められた後に、初めに既存内装の解体撤去が始まりました。解体撤去が済んだ時点で再度現地を確認させていただきました。目的は、新たな内装設計に必要な、内部のスケルトンの状況や給水管や排水管の設備配管ルートなどについて確かめておくためです。

床仕上げの下の状況

既存の内装仕上げが撤去されて、床板の下部の状況を見たところ、前回入居されていた方のさらにその前の入居者が飲食店舗で、床の広範囲がモルタルかさ上げされていて、厨房に利用されていた部分には排水トラップが設けられていました。

このように、直前の内装状況を見ただけでは、表面内装の下部や裏側まで分からないことが沢山あります。

上記のような床内部のかさ上げ部分は、今回の内装工事における床下の配管に対して邪魔なので、最終的に撤去されることにはなりましたが、大家さんも、借主である医師先生もその存在は認識していないので、これの除去費用について、 

  • 誰が負担するのか
  • 解体撤去中の家賃の扱い

などは、開院の予定を変えないためにも早急な判断が必要になりました。

他にも

  • 給水管・排水管の位置
  • 天井の下地組状況
  • 天井裏の高さ寸法
  • 換気扇のダクトルート
  • 外壁面の断熱材の有無

を確かめることができました。

上記の内容は、内装工事を行う場合に、工事費について影響がある内容です。内装工事では、既存の内装がある場合、そちらを撤去除去してみないと分からないことが沢山あることを認識しておかなければなりません。

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ