小児歯科医院診療所コンプレッサーバキューム機器置場カバー

歯科医院の診療では、圧送空気と口内などにあるモノを吸い込むバキュームが使用されます。給気と吸気を行うための機械が必要です。

つくば市の「がくえんのもり小児歯科」様の機械は結果として、建物の外のスペースに収納箱を設けてその中に納めましたが、計画の当初から段階を踏んで設置されました。

機器は外に置きたい

機械は謂わゆるコンプレッサーと掃除機で、機械は振動してブルブルと音を出します。

医師先生にとっては、機械を室内に置くと振動音が断続的に感じられるために、可能なら外部に置きたいと考えておられました。しかし同時に、機械を置くスペースがあるか、機械を室外に置く許しが得られるか、隣接する住民の方に迷惑を掛けないか、などを心配しておられました。

機械置場の場所・迷惑にならない場所

計画を始めるにあたって、最初にテナント候補の場所が、相応しいところかどうかの確認をしました。

 →関連記事「小児歯科医院開院の賃貸物件テナント内装工事確認」

歯科医院として開院が成り立つかどうかの確かめの中に、建物の外で機械を収納して置く場所があるか、迷惑にならないか も同時に確かめました。

現地確認をさせていただいた際にご案内をしてくださった管理会社ご担当者様に、機械収納箱を置いて問題の無い場所をお聞きしました。

大家さんの許可

当然、機械収納箱を建物の外に設置する許可を管理会社様を通じて建物大家さんに問い合わせをお願いしました。

機械の収納箱は幅が90センチ以上、奥行きが75センチ程度になり、エアコンの室外機と比べても大きいのです。

結果、大家さんの承諾を頂いて、建物の外に設置できることになりました。

機械収納箱と配管ルート

機械納入会社のご担当者様と機械の大きさと配管ルートの確認をして、機械収納箱を物置き収納の既製品にすることが定まり、内部の仕切りや換気口を設けていただいて完成しました。

space-white

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ