代替わり歯科医院併用住宅の診療所を改修リフォームか建替えか

初代院長先生から2代目ご子息医師先生に代替わり

茅ヶ崎市の奥津歯科医院様は、初代院長先生のご子息が副院長として務めて時間が経ち、歯科医院内部は経年により修理が必要な状況になりました。建物は歯科医院併用住宅になっていて、軽量鉄骨構造の2階建てで、1階の半分が医院です。

そこで医院内部を、副院長の診察方式に沿って改修リフォームするか、もしくは医院併用住宅ごと建替えるかの検討が始まりました。

改修リフォームの方法

副院長が主に診療をするようになったので、診療室の間仕切り、レントゲンの機器のデジタル化、カルテ収納などについては、抜本的な刷新が必要な状況でした。部分的な改修で済むのであれば、順次改修を進めることができましたが、副院長ご自身も改修リフォームをする場合は、全ての模様替えを希望されました。

改修リフォームの悩みは、全ての模様替えを行うために休院しないで出来ないかを望んでおられ、もしくは既存の内装を解体してスケルトン状態にして行うなら何日間の休院が必要かについて、確認が必要でした。

そこで改修リフォームで行う場合の間取りを検討し、それを行う工事が、

(1)診察台を1台確保しながら、休院しないで工事が出来るか?
(2)全体を1度に改修工事をする場合に、何日掛かるか?

を検討しました。

検討結果として、

(1)休院しない工事は出来るが、仮設診察室の用意や切り替えに費用が掛かる
(2)全体改修は、約3週間前後休院する必要がある

と、いうことがわかりました。

しかし(1)の仮設診察室の費用は思いのほか高額で、費用対効果としては低く、改修リフォームをする場合は、(2)の休院した方が効果が良いという結論が出ました。

建替える方法

一方、建物自体を建替える方法も検討しました。

(3)患者さん用の駐車場があった場所に新たに歯科クリニックを建てて、開院後、既存部分を解体する。休院はしない。
(4)既存の医院併用住宅全体を解体して、新たに医院併用住宅を建てる。その間休院する。

上記2つの方法がありました。休院やコストについて比較すると、

(3)駐車場の空地に医院を建てる方法は、休院しない。
(4)全体の建替えは、約6ヶ月の休院が必要。

ということが分かりました。

長所短所で比較検討して総合的に判断する

ただし、(3)(4)いずれも、改修リフォームの(1)(2)と比較すると費用が高いことと、現在の住宅に不満や問題はないことが加味されて、(2)の全体改修リフォームを約3週間の休院をして行う方針になりました。

これらの比較検討は、改修リフォームと建替えのそれぞれの間取りプランを描いて、工事費の試算、スケジュールの相談を行える設計事務所に副院長が相談したことで出来た真っ当な選択でした。

→お客様の声が掲載されています

関連解説記事リンク—計画方針や悩み解決—

◆茅ヶ崎「奥津歯科医院併用住宅」改修模様替えリフォーム

医院クリニック診療所・クリニックビル・高齢者施設

設計実績

◆「横浜戸塚踊場おおつ歯科クリニック

◆「横浜戸塚踊場おおつ歯科クリニック 追加看板サイン

◆「横須賀衣笠あつ歯科医院

◆「横浜あるが歯科クリニック リフォーム

◆「福島県いわき市四倉あなだ歯科併用住宅

新横浜精神科デイケア「しんよこメンタルクリニック」

◆草加市の新築ビル歯科医院移転内装「藤巻歯科医院」

◆茅ヶ崎「奥津歯科医院併用住宅」改修模様替えリフォーム

◆「三鷹文久堂整骨院デイケアサービス

◆「鎌倉泉水橋とうどう内科小児科リハビリクリニック

◆「鎌倉泉水橋十二所調剤薬局」

◆「大磯ことぶきや薬局」仮設調剤薬局店舗

◆「鎌倉泉水橋医療クリニックモールビル

◆「南町田クリニックビル1+2

◆「横浜西寺尾介護付有料老人ホーム


医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ