子ども小児歯科医院診察室診療中患者さんが眩しい天井照明

歯科診察台は天井見上げて眩しい

歯科医院の診察・治療は通常、患者さんはリクライニングシートに座り、診察が始まると仰向けに寝そべり天井を見上げる体制になります。

気にされない医院様ならば、照明器具は天井に取り付けられていて床面に向かって照らされています。その照明は直接に患者さんの目に刺さります。診療をされる医師先生方は下を向いていてお気付きにならないかも知れませんが、患者さんは眩しくてツライ経験を一度でもお持ちの方が多いと思います。

直接照明を止める

患者さんが天井を見上げている状況で、天井照明が患者さんに眩しい思いをさせていることにお気づきになったら、患者さんの頭部を照らしている照明器具は直ぐにでも止められると良いと思います。

診察には口を照らす照明がある

歯科医院の診察台のほとんどには、照らす場所を調節できる照明器具がついていて、患者さんを照らす天井照明を止めても、医師先生は診療に支障はないはずです。

診察作業の照度を確保

そこでつくばの「がくえんのもり小児歯科」様の診察室では、患者様の頭部を照らす天井の照明器具は設けず、周囲を照らす照明器具を設け、医師先生たちの診療作業に支障のない照度を確保し、診察台で仰向けになる患者さんの目には、光源が入らないように工夫しました。

space-white

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ