精神心療内科クリニック診察室の防音遮音壁扉内装工事の設計図

名古屋の精神心療内科医院「平安通クリニック」様のご相談は、当方がそれまでに設計をさせていただいた内装工事における防音遮音性能についてご評価をいただきご相談をいただいたことに始まります。

 →関連記事「防音遮音性能を高める@精神心療内科医院」

診察室の会話

医師先生はクリニックにおける診察室の会話が外に聞こえたり、外の声や物音が診察室で聞こえたりしてしまうことについて懸念を抱いておられたようです。

特に医院の診察室では患者さんの悩みや困り事を直接会話でやり取りするわけで、患者さんにとって悩みや困り事が外に漏れる事はとても気になることであり、会話が漏れると思えば悩みや困り事を医師先生に話すことを拒んでしまうかもしれません。

内装工事の防音壁

内装工事ではコンクリートの壁の重たい壁は作らずに、軽量の材料を組み合わせることで内装の壁や天井を作り上げます。

防音遮音性能が求められる壁を作るとき、壁が重く振動しないことが理想ですが、内装工事では重いものは取り扱えません。

そこで、軽量の材料を組み合わせて、声(音)=振動を隣の部屋に伝えないようにするために、多少の工夫をすることで防音遮音性能のある間仕切り壁を実現をしています。

木造内装防音吸音壁二重壁

 →関連記事「精神科心療内科医院診察室の防音性能を確保内装壁面遮音間取りプラン」

内装の間仕切り壁は、まずはじめに壁面の板を貼り付ける下地=30センチ間隔で立てる細い柱棒を、二重(二列)に、かつ、少しずらして並べ立てます。その両側から壁面になる板を貼ります。柱棒は二列なので、両側の板面は離れて立っている状態になります。すると、片面の部屋から伝わった音は板面で振動に変わりますが、その振動は通常の壁では柱棒を通じて反対側の板面に伝わり、その振動は音になって隣の部屋に伝わります。が、柱棒が二列になり、板面と板面がつながらない状態では、片方の声や音は反対側には伝わらなくなります。

さらに柱棒の中にグラスウールなどの吸音材を充填すれば、また板材を重ねて貼れば重くなり、防音遮音の効果は向上します。

通常の間仕切り壁より数センチ厚くなりますが、その程度で会話などの音は隣の部屋に伝わらない様にはなれます。

心療内科精神科診察室平面図プラン

防音扉

間仕切り壁の防音遮音性能を高くしても、扉などの開口部も防音性能を高めなければ、会話の音は簡単に漏れてしまいます。と言っても内装の扉に、劇場の扉に使用する様な金属製の重たい扉は使いづらくて採用できません。木製の扉となりますが、木製でも扉自体が重量密度が高く、枠との接点に防音ゴムなどが仕込まれた防音仕様の室内扉を選んで取り付けられました。

上記の設計内容を工事ご担当の方に十分に説明して組み立てていただきます。そして完成したものを見届ける前に、工事中に、しっかりと壁の下地棒が二重に二列に並べられているかを確かめます。

工事完成後、隣室の話し声が聞こえない診察室になれたことを確認しました。

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ